今日のようにラーメン専門店が乱立してはいなかった銀座に2014年2月オープン。キレのある醤油清湯系の一杯が人気となり、たちまちミシュランガイドのビブグルマンにも選出され、その後、銀座がラーメン激戦区へと変貌を遂げるきっかけになったと言っても過言ではないと思います。

主なメニューは「鶏SOBA」、「蛤SOBA」、「鶏・煮干・蛤のトリプルSOBA」、「鶏と蛤の濃厚つけ麺」、「濃厚卵のまぜSOBA」など。

今回は筆頭メニューの『鶏SOBA』を注文しました。

しばらく待って到着。トッピングに和のテイストを感じます。


香川、埼玉、群馬の老舗メーカーの3種の醤油をブレンドしたというタレをベースに、大量の大山鶏のガラや丸鶏を使用しコンソメスープの製法を取り入れ採られたというスープは、まず芳醇かつキレのある醤油の風味が香り、そこへ鶏のふくよかな旨味が追いかけてくる寸法となっております。醤油ダレの影響か、そこはかとなく漂うのは和のテイスト。そこへ合わせる麺は京都の老舗製麺所、麺屋棣鄂の細ストレート。適度に歯ごたえがあり、しかし歯切れがよく、小麦の風味も味わえます。

具は低温調理された豚ロース、鶏胸肉のチャーシュー2種、素揚げされた山芋とナルト、花がつお、三つ葉、ネギ。チャーシュー2種はトレンドをおさえたものでもちろん美味しいですが、山芋やナルトのアイデアが楽しく、食事の満足度を高めてるように思います。薬味の三つ葉も効果的です。また、食事の中盤以降、卓上にある香味油「エシャレットオイル」を少量垂らし入れ味変を楽しむ事ができ、そちらもオススメのようです。

ごちそうさまでした!

店名:むぎとオリーブ 銀座店
住所:東京都中央区銀座6丁目12-12 銀座ステラビル1F
最寄り駅:東銀座駅
営業時間:月〜金11:30-21:45(L.O.)土祝11:30-20:45(L.O.)
定休日:日曜日








この記事に関するまとめ