NASAが今月、驚くべき動画を公開したという。

まずは早速観てみよう!

 

 

迫りくる巨大な月・・・まるでSFの世界のよう!

この動画、合成でも何でもなく本当に撮影したもので、高速で移動しているように見える月も早送りではない。

この動画は2018年5月30日の朝、スペイン領カナリア諸島テネリフェ島のテイデ火山に近い山の高所から、日の出と共に満月が沈むところをスペインのカメラマン、ダニエル・ロペス氏撮影したものだ。

月が驚くほど大きく見える理由は、その撮影方法。

撮影者が被写体から距離を取り、望遠レンズを使用することで山と月の間の距離が大幅に圧縮して見えるという、圧縮効果を用いたのだ。

実際に撮影された山は望遠レンズで撮影した場所から約16キロ離れていたという。

また月がなぜ速く動いているように見えるかというと、それもまた圧縮効果により実際にはゆっくりうごいているものが速く動いて見えるからだという。

なので実際は、日の出と月を見ている人々からすると月はこんなに巨大には見えておらず、また高速に沈んでいくようにも見えていない。

錯覚のトリックを使った非現実的な映像、思わず息をのむ美しい光景だ。

 
(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(APOD Videos)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ