21世紀初頭から密かに盛り上がりを見せている『アクアテラリウム』。水辺と陸地をリアルに再現する人が多く見応えがある。

こちらの動画でも、とあるアクアテラリウム制作の様子が紹介されていて・・・

(完成は15分すぎあたり)

 

滝や滝壺、周辺の陸地や岩の質感などが見事に表現されている。

苔や水草による濡れた質感、そして砂などを使って水中までをキレイに再現しているのは、断面構造が見えるアクアテラリウムだからこその見せ方だ。

そして驚くべきは、滝の水しぶきまで再現されていること。リアリティがすごい・・・!

この作品が部屋にあれば、いつでもマイナスイオンで癒されることができそうだ。

 
(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(植物男子)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ