一言でいえば“綱渡り”を高度にスポーツ化した競技といえる、スラックライン。

専用のラインを張った上でのバランスやトリッキーな動きなどを競うものだが、従来のスラックラインとは明らかに異なるスキルを見せる人物が現れた。

まずは、その映像をご覧頂きたい。

 

 

す、滑っている・・・。

この驚愕のバランス感覚を見せる人物は、スラックライナーのキリル・セメノフさん。

スポーツフィールドとしても知られる、米ロサンゼルスのケネス・ハン州立公園の木にスラック用のラインを張り、すいすいとラインの上を滑っていく。

仰向けや座った状態での下降にも驚かされるが、ラインに立ったままバランスを保ち滑っていくのだから、セメノフさんのスタイルは独特である。

近年では競技人口が増えているといわれるスラックラインだが、単なる綱渡りを越えて競技の幅はますます広がっていきそうだ。

 
画像出典:YouTube(Caters Clips)

 
画像出典:YouTube(Caters Clips)

 
画像出典:YouTube(Caters Clips)

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(Caters Clips)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)


この記事に関するまとめ