本の街、またはカレーの街として知られる神保町は数多のラーメン店が軒を連ねる、ラーメンの街でもあります。そんな激戦区・神保町でいつも行列を作っている人気店がこちらの『つけそば 神田勝本』です。「中華そば 勝本@水道橋」の支店となります。

メニューは基本的に「清湯つけそば」と「清湯そば」の二本立てという潔い構成。サイドメニューにはご飯もの、ビールもございます。

今回は屋号にもある通り、こちらの看板メニューである『清湯つけそば』を注文しました。

少し待って到着。綺麗に折りたたまれ、艶めかしく横たわる麺から放たれるオーラが半端ないです。

雰囲気出まくりの麺はなんと2種類のあい盛り。浅草開化楼の特製麺です。

醬油味のつけ汁は名古屋コーチンなどの鶏の様々な部位および、選び抜かれた本節、宗田節、鯖節、平子鰯、煮干から採られたスープを使用。程よく油感もあります。

具は豚チャーシュー、ナルト、海苔、ネギ、三つ葉。

2種類の麺のうち、まずは写真奥の中太麺からいただきます。ふっくらした舌触りともっちり食感がたまりません。

続いて細麺を。こちらは打って変わって、パツンと歯切れの良い硬質な食感の麺です。日本蕎麦をすする様なイメージでいただけます。

麺量はそこそこ多いですが、随分タイプの異なるあい盛りなのと、麺のもつ小麦の香りと鶏清湯+節煮干スープとの相性も最高なので、全く飽きる事なく完食。最後のスープ割りまでもれなく楽しめました。

このクオリティなら行列が出来るのも納得です!
ごちそうさまでした!

店名:つけそば 神田勝本
住所:東京都千代田区猿楽町1-2-4 ダイニ猿楽町ビル1階
最寄り駅:神保町駅
営業時間:11:00-17:00(スープなくなり次第終了)
定休日:日曜日








この記事に関するまとめ