YouTubeの登録者数20万人を誇るラグタイムの天才“Jonny May”

彼は、18歳でディズニーランドの最年少ピアノパフォーマーとして活動した天才パフォーマーだ。

そもそも、ラグタイムとは、いわばクラシックにアメリカのウキウキなリズムを上手に融合させたような、黒人発祥のジャンルの音楽のこと。

彼が演奏するパフォーマンスをご覧いただこう!

 

 

『ハリー・ポッター』から始まり、『パイレーツ・オブ・カリビアン』『ロード・オブ・ザ・リング』など有名な作品の音楽をラグタイムにアレンジしたもの。

魔法学校にひっそりと足を踏み入れるような優しい音から、『パイレーツ・オブ・カリビアン』では、荒波を想像させるような演奏など。

同じ演奏者でも音の音色が全く違って聞こえるから凄い!

目を閉じると、映画のワンシーンが思い浮かぶほど、ワクワク、ウキウキさせてくれる演奏だ。

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(Jonny May)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ