1.クエバ・デ・ロス・クリスタレス(メキシコ)


画像出典:DISTRACTIFY

 

ダイヤモンドに勝るとも劣らない圧巻の結晶の地へ。2000年、ナイカ鉱山で掘削作業にあたった兄弟が発見。
 
 

輝きの光景をみせるクリスタルの洞窟内は最高112度にまで達する。
 
 
この結晶のほとんどは推定60万年もの。十分な厚みを持ち、細かな部分は鋭角に重なり合う。

 
 
 
 

2. ワイトモ・グローワーム・ケーブ(ニュージーランド)


画像出典:DISTRACTIFY

 

生まれて初めて妖精に導かれたかのような場所。
 

3000万年以上前に形作られた、世界で最もまばゆいディスプレイのひとつ。幾千のツチボタルが補食のための青い光を放つ。

 
 
 
 

3. 青の洞窟(イタリア)


画像出典:DISTRACTIFY

 

一時は悪魔が同居するといわれた洞窟。青色を放つ水面で知られる。太陽光は水を通じ洞窟へ射しこみ、赤色だけが遮断され、ただ青い光が残る。

 
 
 
 

4. ヴァトナヨークトル氷河の洞窟(アイスランド)


画像出典:DISTRACTIFY

 

すべて氷で形作られた氷河の洞窟。まだ氷河の流れがゆるく、氷が崩れる前の秋から冬にかけてが探索シーズン。
 

太陽からの紫外線を受けることのない氷。白くなることを知らず、鮮やかな青色を放つ。

 
 
 

 

5. プラヤナコーン洞穴(タイ)


画像出典:DISTRACTIFY

 

カオ・サムローイ・ヨード国立公園内、プラヤナコーン。ぽっかり開いた頂から射しこむ陽に照らされる記念堂。
 

当時、ここを訪れる他国の王たちはこの壁にサインを残した。そのような洞窟は世界にここひとつ。

 
 
 

 

6. マーブル・カテドラル(チリ)


画像出典:DISTRACTIFY

 

パタゴニア、ヘネラル・カレーラ湖。青く透き通る水が、対峙する優美な造形を際立たせる。

 
 
 
 

7.火山の洞窟(ロシア)


画像出典:DISTRACTIFY

 

火山のふもとで形作られた洞窟。熱い水が通った跡、天井の雪面には上空からの光が透け、緑、紫、ブルーに見える。

 
 
 
 

8.Dongzhong(中国)


画像出典:DISTRACTIFY

 

中国語で「洞窟」を意味するDongzhong。ミャオ族の村、幾千の年を重ねた洞窟には教室がある。186人の子どもたちが学び、8人の教師が教える。
 
 
 
 

9.フィンガルの洞窟(スコットランド)


画像出典:DISTRACTIFY

 

人の手が加わっていないとは信じがたい洞窟。連なる六画柱の連続だ。この洞窟を形成するのは溶岩。冷却され固まるまでに、亀裂が入り六画の形に落とし込まれる。

 
 
 
 

10.蘆笛岩(中国)


画像出典:DISTRACTIFY

 

ライトアップは人工の演出。けれど1000年以上の歴史を持ち愛でられるこの洞窟に、人の手で華をそえるのも悪くはないよう。
 
 
 

 

11.エリソンの洞窟(アメリカ)


画像出典:DISTRACTIFY


 

ジョージア州を深くもぐるエリソンの洞窟。およそ179mとアメリカで発見されたなかでは最も深い。落下した岩が底につくまでに8秒を要する。

 
 
 
 

12.Kyaut Sae Cave(ミャンマー)


画像出典:DISTRACTIFY

 

もとは13世紀、この地の人々がモンゴルから身をかくすために使われた洞窟。
 
今ではその目的を大きく変えている。崖のそばに建つ寺院は洞窟の入り口、僧侶の瞑想の場。観光客を受け入れているが、訪れる人は少ない。
 
 
 
 

13.ソンドン洞(ベトナム)


画像出典:DISTRACTIFY

 

世界最大の洞窟であるソンドン洞。ベトナム、クアンビン省に位置する。1991年地元民によって発見された。数百万年の時を重ねた造形を前に、人間はあまりに小さい。

 
 
 
 

14.アイスリーゼンベルト(オーストリア)


画像出典:DISTRACTIFY

 

19世紀後半に発見された、世界最大の氷の洞窟。25マイルに渡る迷宮のような氷穴は、姿を変えていく氷の軌跡。

 
 
 
 

15.オルダ洞窟(ロシア)


画像出典:DISTRACTIFY

 

ロシア、ウラル地方、オルダ洞窟調査には冒険心を持つ誰もが沸き立つ。洞窟は迷子になるのに十分なスペースを有する。しかし透明度が高い。

 
 
 
 

16.カールズバッド洞窟(アメリカ)


画像出典:DISTRACTIFY

 

ニューメキシコ州、カールズバッド洞窟群国立公園は、400〜600万年前に形成された印象的な洞窟を有する。最も注目すべきは、幻想的に連なる石膏、沈泥の堆積。

 
 
 
 

17.バートンクリーク洞窟(ベリーズ)


画像出典:DISTRACTIFY

 

足を踏み入れるそのとき、これがあまりに特別なことだとはまだ気づかないかもしれない。そう、たとえばガイコツのひとつを目にするまでは。ここはマヤの時代、儀式や埋葬に使われ、彼らが使ったものが今もこの地層の中に残る。
 
 
 
 

18.ジェイタ洞窟(レバノン)


画像出典:DISTRACTIFY

 

この洞窟に入ったなら、すぐさま、なぜここが「水の轟き」と訳されているか理解することにできる。低層の洞穴を流れる水と空気の音がこだまし耳をいっぱいにする。飽きずに眺める光景とともに。
 
 
 
 

19.カンゴー洞窟(南アフリカ)


画像出典:DISTRACTIFY

 

南アフリカ、西ケープ州、ドラマティックな様相をたたえる石灰岩の洞窟。石器時代にはこの入り口が人々の住居となり、また今では冒険志向の旅行客を迎える。
 
 
 
 

20.アヴァン・アルマン洞窟(フランス)


画像出典:DISTRACTIFY

 

地下100mへの冒険を行けば、それに見合った価値がそこにある。世界最大として知られるものを含む、その数400以上を誇る石筍。自然の彫刻だ。

 
 
 

 

いつも心に冒険を。
 
 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:DISTRACTIFY/20 Magical Caves Every True Adventurer NEEDS To Explore
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)
 








この記事に関するまとめ