取引先に打ち合わせなどに行くと、お茶やお水を出してくださることがありますよね。

最近はペットボトルで飲み物をいただけるところが多くなってきましたが、今でもお茶のいれてくださる会社様もいらっしゃいます。

外が寒かったりすると暖かいお茶は天国のようですよね。

そんな中、漫画家の箱 ミネコ(単行本発売中!)‏(@hakomine)さんがTwitterに投稿した『とある法律事務所では25年以上前からお茶汲みを廃止、ペットボトルが採用されていた』話が社員の仕事を減らす目的かと思ったら、その理由が怖すぎると話題になっています・・・。

その戦慄の理由がこちらです。

 


 


毒を入れられた・・・?

想像以上に怖すぎました・・・。

そんなツイートには様々なコメントが寄せられているので、その一部を紹介します。

 

■反応の声

 


 


 


 


 


 


皆様もお気をつけください。

 

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。


この記事に関するまとめ