格闘技や盤上競技、スポーツやゲームなどあらゆる場面で『攻撃は最大の防御』という言葉が使われることがある。もちろんそれが全てというわけではないが、有効な先述の一つであることは間違いないだろう。

そしてそれは野生の世界においても同じことが言える。

 

 
画像出典:YouTube(Gabriel Arteaga)

 
画像出典:YouTube(Gabriel Arteaga)

 
画像出典:YouTube(Gabriel Arteaga)

こちらの動画には、とあるハヤブサがウサギを狙っているシーンが収められている。

普通ならばもっと上空から急降下して獲物を仕留める印象のあるハヤブサ。しかしウサギがこちらの存在に気づいていることを察知してか、ゆっくり慎重に降下していく。

しかしウサギは逃げることをせずに、むしろ自らハヤブサに襲いかかるようにして飛びかかっている。

本来ならば一瞬で勝負が決するであろう組み合わせだが、こちらの動画では稀に見る激闘を繰り広げている2羽。

勝負のゆくえはわからないが、『攻撃は最大の防御』という言葉が自然界でも有効だということがよくわかる。

 
(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(Gabriel Arteaga)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ