ロンドンの孤児院のひとつ、地下で見つけられた異形の生命体の亡骸。

閉じられた空間に置き去りにされたのは、かつて博物、生物、考古学者であった故トーマス・テオドール・マーリン氏がコレクションしていたものだ。つまりは彼の、研究の一端がここに遺されたままだったのだ。

羽根をもった骨の体は妖精に見え、いくつもの物語にあらわれるような獣も見える。これらは現在、マーリン幻獣博物館におさめられている。

 


画像出典:deMilked

 

画像出典:deMilked

 

画像出典:deMilked

 

画像出典:deMilked

 

画像出典:deMilked

 

画像出典:deMilked

 

画像出典:deMilked

 

画像出典:deMilked

 

画像出典:deMilked

 

画像出典:deMilked

 

画像出典:deMilked

ここまで目にしてきたものは、実は現実の出来事ではない。すべて、アーティストであるアレックスCFがつくったストーリー、そして創作物だ。マーリンが実在したという事実もない。しかしこの亡骸たちは、すべて「マーリンに研究された体」としてだけこの世界で存在している。

 
(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:deMilked/Truth Behind The Viral Story Of Mysterious Skeletons In London Basement
関連:Merrylin Cryptid Museum
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)




この記事に関するまとめ