近年、私達の生活の中に徐々に馴染み始めるだろう、人工知能ことAI。

今回はそんなAIを搭載したロボット“Care-E”の動画を紹介しよう。

“Care-E”は、KLMオランダ航空の乗客のパーソナルアシスタント的な役割を担うロボット。

まずはどんなロボットなのか、限定公開の動画を早速ご覧頂こう!

 

 

愛嬌たっぷりなCare-E!

乗客の搭乗券のデータを読み込み、85ポンド(約38.5キロ)までの荷物を運んでくれ、時速3マイル(約4.8キロ)のスピードで乗客をゲートまで誘導してくれる、という役割を担う。

買い物をする時も「ありがとう」とつい出てしまっていたが、つい話したくなってしまう程、親身でかわいらしい雰囲気。

このCare-Eは、2018年中にニューヨークのジョン・F・ケネディ国際空港およびサンフランシスコ国際空港に上陸する予定なんだそう。

今後の活躍がとても楽しみな存在だ。

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(KLM Royal Dutch Airlines)
                       
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ