プロのリコーダー奏者が速吹きをするとどうなるのでしょうか。

プロのリコーダー奏者であるモーリス・シュテーガーさんがその技を見せつけています。

演奏している曲は、ヴィヴァルディ作曲の「リコーダー協奏曲ハ長調 RV 443」になります。
 

 
プロが速吹きをすると、レベルが違うということがお分かりになったかと思います。シュテガーさんは、「リコーダー界のパガニーニ」と呼ばれている人で、その腕前は一流です。ここまで来ると、リコーダーではなくて、別の楽器を演奏しているのではないかというぐらいに思えてきます。

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(Hochrhein Musikfestival)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ