映画をさらに映画たらしめ、重要な役割を担う、効果音。

そんなリアルな効果音を作り出す職業であるサウンドデザイナーであり、映画『バッチギ!』、『ロクヨン』や今夏公開した『菊とギロチン』などの話題作のみならず、ゲーム『モンスターハンター:ワールド』、『バイオハザード7 レジデント イービル』
なども手がけている北田雅也さん(@kitadamasaya)のツイートが話題になっている。

そのツイートがこちら!

 


 


 

日本刀を持つ、鞘から刀を引き抜く、刀を構える、の全ての繊細な音や、刀と刀が交じり合う音が効果音用に作られた日本刀により生み出されてゆく。

裏ではこんな方法でひとつひとつ音が作られてゆくのだと思うとすごい。

そんなツイートには様々なコメントが寄せられているのでその一部を紹介しよう。

 

■反応の声

 

 

 

 


 


 


 


 

ツイッターには知られざる効果音の制作風景もアップされているのでチェックしてみると面白い世界が覗けるかもしれない。

映画『斬、』の公式ホームページはこちらから。

 
※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。








この記事に関するまとめ