ロボットクリエイターの高橋智隆さんが手掛けた「ロビ」をご存知でしょうか?

「ロビ」は、身長34cm、体重1kgの二足歩行ができるロボット。人工無脳によって会話ができることに特徴があります。

2013年にはデアゴスティーニ・ジャパンが「週刊ロビ」を発行。これは続けて買っていくと「ロビ」を作ることができます。

Twitterユーザー・こづきさんの叔母さんは、1年半かけてコツコツと「ロビ」を完成させネット上で話題になりました。記念すべき「ロビ」誕生の瞬間には、親戚一同集まったようです。

 


 
ゆっくりと起き出して喋り出す「ロビ」。叔母さんは、「ロビ」がきちんと起き上がれように手を差し伸べます。

ちょっと感動的な「ロビ」の誕生の瞬間です。一人家族が増えて良かったです。

デアゴスティーニを最後まで完成させた叔母さんの根気強さにも感服します。

 

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。








この記事に関するまとめ