画像出典:TODAY Parents

 
ディズニーランドで起きた、素敵なエピソードを紹介しよう。

アメリカ・カリフォルニア州に住むチェルシー・ハーリンさん(26)は、今から22年前(1994年)、4歳の時に家族と一緒にフロリダ州にあるウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートでアトラクションを楽しんでいた。

4日券を使って滞在を楽しんでいたようだが、ハーリンさんは最終日に病気になってしまい、やむなく帰宅することになったという。

ところが最近になって、彼女の家族がこの未使用のままのチケットを発見。
 
画像出典:TODAY Parents

 
チェルシーさんは、ダメもとで再びディズニーワールドを訪れて、22年前のチケットを見せたのであった・・・。

「古いチケットなんですが入れますか!?」と、聞くハーリンさん。

係員は「もちろん!」と答え、新しいチケットと交換してくれたのであった。
 
画像出典:TODAY Parents

 
22年振りにハーリンさんは、4歳の頃楽しむことが出来なかった最終日を楽しむことができた。
 
画像出典:TODAY Parents

 
ハーリンさんは気持ちもタイムスリップして、子どもの頃の楽しかった日々を思い出したのかもしれない。

みんなの夢を壊さないように対応する、ディズニーランドはまさに夢の国といえよう。

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:TODAY Parents/Disney World honors woman’s unused ticket from 1994 — when she was 4
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ