今月9日、2024年度から使用される1万円札、5千円札、千円札の新たなデザインを財務省が発表した。

 




 

1万円札は多くの企業を設立・経営した実業家“渋沢栄一”、5千円札は津田塾大学の創始者“津田梅子”、千円札は“近代日本医学の父”として知られた“北里柴三郎”が肖像がとして採用。

新紙幣の裏面については、1万円札に“東京駅丸の内駅舎”、5千円札に“藤の花”、千円札に富嶽三十六景の“神奈川沖浪裏”を採用することを明らかにした。

そして500円硬貨は、偽造防止のため2色構造に変更となるのだそうだ。

新紙幣及び500円硬貨の公表についての理由としては、最新の偽造防止技術を反映させるのが主な目的であり、また新元号『令和』の制定から間を置かずに公表することで、新時代の幕開け機運を高めるという狙いがあるのだという。

紙幣デザインが変わるという大きな節目、新しい時代へ移り変わろうとしているのを改めて実感する。

 
(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:新1万円札 裏面は東京駅 | 2019/4/9(火) 9:50 – Yahoo!ニュース
参照・画像出典:CNN.co.jp : 日本が新紙幣発表、千円札に北斎の浮世絵
参照・画像出典:(1) 財務省 – ホーム
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ