レースはコンマ何秒を争う世界。一瞬の停車が命取りになるのは言うまでもない。

しかしこちらの動画では、優勝を期待された選手が突如急停車してしまう。

一体何が起きたのか?

 

 
画像出典:YouTube(Carlos Matos)

軽快にカーブをドリフトしてきたこちらのカルロス選手の車。

 
画像出典:YouTube(Carlos Matos)

しかしそのまま車体を反転させて急停車の体制をとる。

一体、何故!?

 
画像出典:YouTube(Carlos Matos)

見事なテクニックで急停車した先には、一匹の犬が。

そのまま走っていたら犬を危険に晒してしまうとの判断で急停車したのだ。

 
画像出典:YouTube(Carlos Matos)

犬が走り去って行くのを確認した後、車をUターンさせて発車するカルロス選手。

それを見ていた観客からは割れんばかりの歓声と拍手が。

自分のタイトルがかかった状況で、このような心優しい行動はなかなかとれるものではない。

彼の優しさと勇気に溢れた行動に拍手!

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(Carlos Matos)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)


この記事に関するまとめ