ヒト型ロボットでおなじみのPepperくん、お掃除ロボのルンバ、自動運転車、などなど、ジワジワと私達の生活の中に入り込んできている人工知能。

今後色々なシーンで導入していく事を期待されている中、エンターテインメント界の帝王、ディズニーが開発した人工知能ロボットが話題になっている。

早速観てみよう!

 

 

まるで本物の人間のような滑らかさだ!

そしてアクロバティックの技術も並外れている・・・!

このロボットは、生物を模したロボットを使って撮影する技術“アニマトロニクス技術”で開発した、人間の代わりにアクションスタントを行うロボット。

人間では到底耐えられない環境下でのアクション、高速スピードや高い高度も問題なし、そして空中でのポーズ変更なども意図も簡単なのだそう。

これが生で観られる日が来るようになるとは夢のようだが、遠くない未来には存在しているだろう。

人間の技術進歩がどこまで花開くのか、楽しみでもあり、すこし怖い気もする。

 
(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(TechCrunch)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ