趣味で原始時代の生活をしている男性が、なんと森の中にある材料でセメントを作ってしまった。

動画の男性は『Primitive Technology』というYouTubeチャンネルで自分の素性などは一切明かさず、黙々と原始時代の生活や発明を実験する姿が世界中で注目されている。

そんな彼がセメントを作ることで、また一歩文明社会に近づいた。
 

 
手製の窯で葉を焼いていき、どんどん灰を作っていく。

その灰を水で濾し、加熱を繰り返し、3日間をかけて本当にセメントを作ってしまった。

セメントの歴史は古く、古代エジプトのピラミッドにも使われていた形跡があったそう。

もしかしたら、ピラミッドを作る時、同じようにセメントが作られていたかもしれないと思うと夢が膨らんでくる。

この男性はいつかこのセメントで驚くべき物を作ってくれるかもしれない。

 
(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(Primitive Technology)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ