その豪快かつ破壊的なルックスはもとより、独特すぎるローカルルールや「ロット乱し」などの禁止行為(ギルティ)の存在、そこから派生した数々の都市伝説などにより、今やその名を知らぬ者はいない超有名店「ラーメン二郎」。数多の狂信的なファンを生み、もはやラーメン屋の範疇を超え、信仰の対象として存在していると言っても過言ではありません。

今回はある熱心な信者さん(職業:会社経営)にアテンドしていただき、最近の推し店だという京急川崎店へお邪魔しました。

メニューは「小ラーメン」、「小ブタ」、「小ダブル」、「大ラーメン」、「大ブタ」、「大ダブル」。熱心な信者さん曰く、店舗によって差はありますが「小ラーメン」で一般的なラーメン店の中〜大盛り位の麺量だそうです。今回は売り切れていましたが「ブタ」はチャーシュー増量、「ダブル」はさらにチャーシュー増量です。

今回は熱心な信者さんのアドバイスを参考にして無難に『小ラーメン』を麺少なめで注文しました。なお、京急川崎店では麺カタは不可です。また、配膳直前のお決まりのコール(ニンニクの有無、野菜や脂の増量など)は『ニンニクヤサイ』でお願いしました。

ちなみに、店舗によってはそのストロングスタイルの接客で、時としてネット上の話題になる事もあるラーメン二郎ですが、こちらの店主さんと助手さんは微笑みの絶えない柔和な雰囲気なので、私のような素人でも安心してコール対応する事ができました。

コールから程なくして到着。小の麺少なめなので見た目は大人しいですが、ヤサイマシなのでそれなりのボリューム感はあります。

早速スープを一口。塩分強めのいわゆる非乳化と呼ばれるタイプで油分とスープが分離しています。それぞれの輪郭がはっきりしているのでカエシの旨味もボヤける事なく、ダイレクトに舌へと伝わってきます。シャバ系ですが豚の出汁感、脂のこってり感も十分でついつい啜ってしまいますね。

麺は二郎にしては気持ち細めでしょうか。熱心な信者さん曰く「デロ麺」と言うそうですが、かなり柔らかめの茹で加減。これがスープとよく合っていて個人的には最適解のように思いました。同じく豚骨醤油の家系ラーメンでも柔らかめ推奨派なので同じ理屈な気もします。

具は豚2枚、ヤサイ(もやし、キャベツ)、ニンニク。豚は味がよく染みて柔らかく、バラ肉ならではの脂身も美味。ヤサイはスープの脂っこさをリセットしてくれるとともにシャキシャキした歯ごたえも楽しめ、「ニンニク入れますか?」でお馴染みの刻みニンニクトッピングも麺やスープに負けない強力なアクセントとして効果絶大です。

そして、無事完食。熱心な信者さんの的確なアドバイスのおかげで最後まで美味しく頂くことができました。こちらなら素人でも安心して楽しむことができそうです!

ごちそうさまでした!

店名:ラーメン二郎 京急川崎店
住所:神奈川県川崎市川崎区本町2-10
最寄り駅:京急川崎駅
営業時間:11:00-14:00 18:00-22:00 土曜日11:00-16:00 ※麺がなくなり次第終了
定休日:日曜日・祝日








この記事に関するまとめ