西武新宿駅から徒歩3〜4分ほど、ラーメン激戦区小滝橋通り沿いに店を構えるこちらは、激辛ラーメンの代名詞、「北極ラーメン」などでお馴染み『蒙古タンメン中本』の新宿店です。

主要メニューの「蒙古タンメン」、「五目蒙古タンメン」、「味噌卵麺」、「五目味噌タンメン」、「北極ラーメン」、「冷やし味噌ラーメン」、「定食」(麻婆豆腐とライス)などはもちろん、一部店舗では定番の「冷し味噌卵麺」、「冷し味噌やさい」なども。そして、新宿店ならではのメニューと言えばカレーのかかった「インドラーメン」。醤油、味噌、北極スープのいずれかとの組み合わせを選択できます。中本ファンの間でも人気の「特製樺太丼」は火曜日のみオープンから15食限定です。

また、月替わりの限定の他に「3」のつく日限定「ビルマそば」、「7」のつく日限定「カラトマサ」という新宿店オリジナルメニューがあります。

今回は「7」のつく日限定、『カラトマサ』を。また、トッピングとして『ゆで玉子(スライス)』、『AB醬』、『チーズ』も併せて注文しました。

少し待って到着。キャベツの盛りが印象的です。

まずはスープを一口。味噌スープをベースにトマト、たまねぎ、アサリ、バジルなどを加えたまさにイタリアンな仕上がり。このまま煮詰めればパスタソースになりそうな味わいです。辛さは設定上だと北極超えのレベル10(北極はレベル9)になっていますが、大量のキャベツが中和しているのか、それほどではない印象です。

もっちりした食感の中太麺。スープの粘度が高めなので麺に非常によく絡みます。

ある程度食べ進めたところで味変チャンスに突入します。

まずはAB醬。甘エビの頭から作られた濃厚な醬です。

スープの絡んだ麺と和えればビスク風の味わいに。甲殻類好きには堪りませんね。

トマトとの相性を考慮したらチーズは外せません。

こちらは直接ぶっかけます。辛さがマイルドになり、コクが増します。鉄板の組み合わせですね。

キャベツ、チーズで緩和されているとはいえ、北極に迫る辛さなので汗だくで完食。これは女性ウケも良さそうです!

ごちそうさまでした!

店名:蒙古タンメン中本 新宿店
住所:東京都新宿区西新宿7-8-11 美笠ビルB1
最寄り駅:西武新宿駅
営業時間:11:00-24:00
定休日:なし








この記事に関するまとめ