未だ冷めやらぬ『ボヘミアン・ラプソディ』旋風。世界中で様々な演奏動画がアップされている。

こちらの動画では、とある6歳の少年がピアノで弾き語りをしているのだが・・・

 

 
画像出典:YouTube(Avett Ray)

 
画像出典:YouTube(Avett Ray)

彼はアヴェット・レイくん。目に障害を抱えている6歳の男の子だ。

そんな彼がピアノ弾き語りで演奏するのは『ボヘミアン・ラプソディ』。

ところどころ間違えてやり直しながらも懸命に演奏する。

しかしながら、6歳らしからぬ歌声と目が不自由かつ小さい手で弾くピアノの音色に心を打たれた人は多いだろう。

コメント欄にはかの「エルトン・ジョンに似てる!」との声も。

まだ未熟ながらも、彼と同じく目の不自由な大スター、スティービー・ワンダーをも彷彿とさせる演奏。

彼の今後がとても楽しみだ。

 
(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(Avett Ray)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ