普段目にする事のない巧みな職人技の世界、その全貌を見る機会に恵まれることはなかなか難しい。

今回ご紹介するのは、140年前に作られたという日本製の斧を新品同様にリサイクルする職人技の様子を撮影した動画。

早速観てみよう!

 

 

もう使えないのではないかと思える程サビだらけの斧。

サビを削り、木製の持ち手を取り外し、更に研磨していき新しい持ち手を取り付ける・・・という工程。

そして補修し終わった後はまさに新品同様の出来映え!

不可能を可能にする職人技、凄いの一言だ。

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(Yarimasu)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ