広島の人気店「汁なし担担麺専門キング軒」が東京店@浜松町に次ぐ都内2店舗目として、銀座にある広島県のアンテナショップ「TAU」内にオープンさせたこちら。有楽町にも近くかなり良い立地ですね。

「中国で担々麺って言ったら汁なしがデフォだから、これ豆な」などという蘊蓄も最早不要なほど浸透した汁なし担々麺ですが、同じく汁なしスタイルの広島式も都内で結構見かけるようになりましたね。

メニューは「汁なし担担麺」一択。サイドメニューの「ミニライス」、「温泉玉子」、「山盛りネギ」。

お得なランチセット680円、と思いきや、単純にオススメの組み合わせが提案されているだけで値段はそれぞれの通常価格の合計ですね。一瞬セットだと割安なのかな?と思っちゃいますね。

辛さは4段階まで選べます。

お会計はレジで前払い制。

今回は「ランチセット」を4辛で注文しました。

程なくして完成。フードコート式の受け渡しで提供です。

指南書通りに食べ進めますね。

親の仇のごとく混ぜて混ぜて混ぜまくること30回以上。

では早速ひとくち。

芝麻醤(胡麻ペースト)と醤油ダレをベースに、麻(花椒)、辣(五香辣油)の痺れと辛味が花を添え、それを加水率低めの細ストレート麺が渾然一体にまとめ上げています。辛さも4段階中最高の4辛なのでなかなかシャープ。

肉味噌や干し海老、青菜が入る本格的なものと比べるとチープさは否めませんが、これはこれでファストフード的な良さがあり、好感が持てます。

続いて溶いた温玉にディップ。辛味が落ち着きマイルドな印象に。

卓上の味変調味料も駆使。

カラマシ、シビマシ。やりすぎ注意です(特にシビマシ)。

麺をひと通り食べ終え、丼底に余ったタレ、温泉卵、卓上調味料を駆使し、「担担ライス」をこさえます。

麺は当然として、ライスと担々要素の相性も最高です。というか、こっちの組み合わせの方が上なのでは?と思ってたり思ってなかったり。

米の一粒まで完食。ファストフード感覚でサクッとお腹を満たすにはちょうどいいかもです!

ごちそうさまでした!

店名:汁なし担担麺専門 キング軒 銀座出張所
住所:東京都中央区銀座1-6-10 銀座上一ビルディング TAU1F
最寄り駅:銀座一丁目駅
営業時間:平日11:00-15:00 17:00-20:00(L.O.19:45) 土日祝11:00-20:00(L.O.19:45)
定休日:なし

ボリューム:小☆★☆☆☆大
味の濃さ:薄☆☆★☆☆濃
脂の多さ:少☆★☆☆☆多
麺の太さ:細★☆☆☆☆太
麺の固さ:柔☆☆★☆☆固
待ち時間:短★☆☆☆☆長
アクセス:易★☆☆☆☆難
コスパ度:低☆☆★☆☆高








この記事に関するまとめ