以前こちらの記事『リアルターミネーターか!? バク宙する人型ロボットの機動性が凄い』でも紹介した人型ロボット『アトラス』。

前回は障害物を乗り越えてバック宙を披露してくれたが、今回はなんと・・・

 

 
画像出典:YouTube(BostonDynamics)

 
画像出典:YouTube(BostonDynamics)

 
画像出典:YouTube(BostonDynamics)

まずは丸太のようなものをピョンっと飛び越え、その後に待っているのは大きな障害物。

それをまるでパルクールのごとく軽快に飛び越えてくれたのだ。

片足で足場を踏んだ刹那のバランス感覚や空中での体勢の制御ができないとロボットにこのような動作はできまい。

『中に人間が入っているのでは?』と疑いたくなるような動きだ。

危険な場所への偵察や救助活動に活用が期待されるこちらの『アトラス』。

いずれ本物のパルクールパフォーマーと競えるほどの運動性能を手にするかもしれない。

 
(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(BostonDynamics)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ