数多のインスパイア店を産み出した魚介豚骨Wスープの雄、青葉。1996年に中野でオープンし、同年オープンの麺屋武蔵、くじら軒など共に一時代を築きました。現在は都内を中心に多店舗展開していますが、今回は新宿店へお邪魔しました。

メニューは「中華そば」、「つけめん」、「特製中華そば」、「特製つけめん」の4品。期間限定メニューや「新味」として独自メニューを提供していた西荻窪店などもありましたが、基本的には一貫した潔いメニュー構成です。

今回は「特製つけめん」を注文しました。

しばらくして到着。

せっかくの特製ですが具材が沈んでしまい少々寂しい見た目。

麺は相変わらずのツヤツヤした中太麺。

ツルツルでプリプリした食感も相変わらずでやはり美味しいです。動物系と魚介系のWスープと言っても随分前から一つの鍋で出汁を採っているらしいですが、酸味が効いたつけダレも安定の味わい、もはやスタンダード。七味が気の利くアクセント。

具は肩ロースチャーシュー、メンマ、ナルト、味付け玉子、ネギ。昨今のジューシーな低温調理肉とは対極をなす、繊維がホロホロにほどける肩ロース肉もまさに青葉を象徴する味わいの一つ、鉄板ですね。

美味しく完食。いつ、どこで食べても安定した味を提供できるのは流石ですね!
ごちそうさまでした!

店名:中華そば 青葉 新宿店
住所:東京都新宿区新宿3-1-26 新宿マルイアネックス8F レストランフロア
最寄り駅:新宿三丁目駅
営業時間:11:30-22:00(L.O.)
定休日:マルイと同じ








この記事に関するまとめ