もともと子どもの遊び道具として人気を博したレゴブロックだが、ここ最近では大人の本気のアート製作など、レゴブロックで何かを『作る』という部分にフォーカスされてきた。

しかしレゴブロックは作るのも楽しいが、作ったおもちゃで遊んでこそ。そう思う人も多いだろう。

そんなレゴブロックがここにきて新たな遊び方を提案してきた。

 

 
画像出典:YouTube(just2good)

 
画像出典:YouTube(just2good)

 
画像出典:YouTube(just2good)

 
画像出典:YouTube(just2good)

その新しい遊び方とは、なんとレゴブロックとAR(拡張現実)の融合!

今まで度々ViRATESでは『〜〜をレゴブロックで作った』『〜〜がARに!』などといった記事を紹介してきたが、まさかこの二つが合わさる日が来ようとは・・・

レゴブロックで作った建物や乗物を、LEGOのARアプリ『Hidden Side』を起動したスマートフォンでスキャン。

スキャンしたものに合わせてAR空間内でのストーリーとゲームを楽しめるというものだ。

子どもも大人も一緒に楽しめる上に、レゴ製品やアプリ内のコンテンツが更新されればどんどん楽しみが増えていく。

レゴの新たな挑戦に今後世界中から注目が集まることは間違いないだろう。

 
(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(just2good)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ