指輪やピアスなどのアクセサリー制作で使われることの多いレジン。汎用性の高い樹脂だが、それでもここまで大きなものを作った例はあまり見たことがない。

こちらの動画は「ハイブリット・メガスフィア」と称した球体の制作の様子が収められている。

 

 
画像出典:YouTube(Heath Knuckles)

 
画像出典:YouTube(Heath Knuckles)

 
画像出典:YouTube(Heath Knuckles)

 
画像出典:YouTube(Heath Knuckles)

 
画像出典:YouTube(Heath Knuckles)

 
画像出典:YouTube(Heath Knuckles)

 
画像出典:YouTube(Heath Knuckles)

使ったのは木材(カエデのコブ)とレジン。完成像を先に見ると材料が「木材」というのは少々意外だ。

切り取った木材でレジンを挟むようにして固めると、円柱状の物体が出来上がる。

そこからひたすら削って削って・・・形を作り表面を磨いて行くと、不思議なオーラを醸し出す球体が出来上がった。

身近な材料なのに、どこか宇宙的というか神秘的な作品だ。

 
(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(Heath Knuckles)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ