今回ご紹介する動画は、なんとグリーンランドの氷河“ヘルハイム・グレイシャー”から全長6kmの巨大な氷山が分離して漂流する決定的瞬間をカメラで捉えたもの。

2018年6月22日23時に始まったこの現象、現実には氷山の分離に30分の時間を要したのだが、この動画では90秒に編集されている。

早速その様子を観てみよう!

 

 

なんてダイナミックな動きだろう!

この氷山の研究をしているニューヨーク大学のHolland教授によると、今回のような巨大な氷山が分離する理由などはまだ明らかになっていないとのこと。

Holland教授率いる研究チームはグリーンランドの氷河の観測に10年の月日を費やし、氷河の動きを観測してデータの収集を行っている。

そして今回フィヨルドでキャンプを行っていたときに、5分以上にわたるとどろきを聞いたのだという。

「何か決定的な瞬間が迫っている」と、このとどろきをキッカケにHolland教授は直感したらしい。

自然の現象には人はあらがえないと実感する動画だ。

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(New York University)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ