半世紀以上も愛され続けているアメ車・シボレー。スポーツカーといったらまずこの形をイメージするという人も多いだろう。

そんなシボレーがなんとそのままラジコンになったのだという。

無論、シボレーを模したミニチュアのラジコンという話ではない。大胆にもシボレー本体を丸ごとラジコンとして改造してしまったのだ。

 

 
画像出典:YouTube(Barcroft Cars)

 
画像出典:YouTube(Barcroft Cars)

 
画像出典:YouTube(Barcroft Cars)

 
画像出典:YouTube(Barcroft Cars)

普通のラジコンのように、コントローラーで操作するとシボレー本体がまるで自動運転車のように動き出す。

車体が実物の車サイズであり、300km/hものスピードを出せるということ以外は普通のラジコンである。

万が一に備えて、電波が届かなくなったら停止するようになっている。

そして驚くべきは、ラジコンとして操作が可能なだけではなく、運転席に乗って普通に乗用車として使用することも可能という点。

ある時はラジコン、ある時は乗用車。自身が乗るだけでなく、自身が操作して走る勇姿を拝むこともできる。

車好きな人は少々憧れる仕様かもしれない。

 
(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(Barcroft Cars)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ