ルービックキューブやハンドスピナーなどの、手のひら大の遊具は暇つぶしや手持ち無沙汰を解消するのに最適だ。

こちらはまだ日本ではあまり普及していないおもちゃ。小さい磁石のボールを集めたもののようだ。

 

 

手でちぎれ、みるみるうちに幾何学模様を生み出すおもちゃ。

粘土や海辺の砂のようでもある。見ていてとてもスッキリする光景だ。

いろんな形を生み出しているうちに、時間が経つのを忘れてしまいそう。

 

■Twitter上の反応

 

 

 

 

 


 

これ欲しい!(笑)

 
※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。








この記事に関するまとめ