日本のラグビー界において「第一蹴の地」とされる下鴨神社にて、ニュージーランドの学生選手たちがマオリ族の民族舞踊『ハカ』を奉舞した。

こちらの動画はその時の映像だ。

 

 
画像出典:YouTube(関西ラグビーフットボール協会KRFU)

 
画像出典:YouTube(関西ラグビーフットボール協会KRFU)

 
画像出典:YouTube(関西ラグビーフットボール協会KRFU)

 
画像出典:YouTube(関西ラグビーフットボール協会KRFU)

 
画像出典:YouTube(関西ラグビーフットボール協会KRFU)

雄々しい雄叫びとともに彼らの奉舞が始まる。

自らの体や腕を叩きながら歌を歌い、終わると周りからは称賛の拍手が。

民族舞踊一つにしても、屈強なラガーマンたちが行うと迫力が違う・・・!

2019年に開催されるラグビーW杯。開催地となる日本におけるラグビーの聖地にて民族舞踊を舞うことには大きな意味がある。

日本選手のみならず、大会に出場する全ての選手の熱き戦いを楽しみにしていよう。

 
(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(関西ラグビーフットボール協会KRFU)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ