かつて洞窟や鍾乳洞だった地形が何らかの理由により海中へ水没し、浅瀬に穴が空いたように形成された地形、“ブルーホール”。

今回ご紹介するのは、世界で1位2位を争う深さの、バハマ沖にあるディーンズ・ブルーホールを海中から撮影した珍しい動画だ。

早速観てみよう!

 

 

一見、底なし!?と思ってしまうほどのブルーホールの近くを、大きな岩をウェイト代わりに意気揚々と歩くダイバー。

フリーダイビングの世界大会も行われているこのディーンズ・ブルーホールの直径は25~35m、そして深さはなんと200m以上だというから驚きだ!

恐ろしいからこそ惹き付けられる美しさ、というのはこういう場所のことも指すのだと実感してしまう。

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(Caters Clips)

(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ