Twitterユーザー・SIVA(@sivaprod)さんは、お腹が空いたので、子供の頃父親が台湾料理だと称して作ってくれた目玉焼きスープを再現してみたという。

たっぷりのごま油でカリカリの目玉焼きを作り、そこにお湯を注ぎ塩と胡椒にニンニクとネギを入れるだけで作れるようだ。

そのスープがコチラ。
 


 
これは、震洋隊員として台湾で終戦を迎えた親父の残した味であるという。

美味しいスープということなので、早速真似して作ってみるTwitterユーザーが続出している。
 

スープを作った人

 


 


 


 
夜食にもピッタリなスープであろう。

お腹が空いた時に、作ってみて欲しい。

 

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。


この記事に関するまとめ