ラグビーワールドカップ2019日本大会が9月20日(金)から始まりました。

開会式を前にして、東京・調布市の味の素スタジアムの上空をブルーインパルスが華麗なアクロバット飛行を見せました。

その様子がこちらになります。
 



 
ブルーインパルスはスモークで「さくら」を描きました。

桜はラグビー日本代表のエンブレムであり、復興の意味が込められているとのこと。

これから始まる熱戦に期待したいですね。
 


ネットの反応


・素晴らしい
・色んな想いが詰まってるんだよ
 

ViRATES編集人
スゴクイイ。

 
画像出典:ぱくたそ

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。








この記事に関するまとめ