今300円ショップが100円ショップよりも人気が広がっていることはご存知だろうか?

300円ショップは機能性もさることながら、デザイン性がかなり人気で、流行のデザインを購入できるのも人気の理由の1つだ。

300円ショップの代表格『スリーコインズ』はアパレルブランドを持つパルグループホールディングスが展開しているため、流行にも敏感なのだろう。

実際いろんなコラボ商品も登場しているし、痒いところに手が届く商品が多いのも事実だ。

『おしゃれ』、『かわいい』という付加価値をつけて100円ショップの商品に飽き足らなくなった顧客層を吸収している形だ。

逆に100円ショップは、機能性では申し分ないのだが、デザインのレパートリーが弱い気がする。

この影響もあってか、100円ショップの業績は低迷している。

100円ショップが巻きかえすにはデザイン性も重要視されてくるだろう。
 


 

 
(※↓詳しくはコチラへ)
参照:「100円ショップ」は時代遅れ!?「300円」ショップが急成長している理由
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。








この記事に関するまとめ