21世紀は、ITの時代である。

この流れへの賛否はあれど、世の中がそのような方向へと向かっているのは、誰もが認める事実だろう。

PCやスマホの普及は語るまでもない話だが、最近ではどうやら子供の教育にも、“デジタル”は手を伸ばしているらしい。

Matsuki *** (@liliput)さんが、アメリカ・シアトル州の本屋『Elliott Bay Book Company』で発見した3冊の“絵本”は、まさにその恰好の例だ。
 


 
CSS、HTML、そしてJavaScript。この並びで、もう勘のよい人はお気づきだろう。

そうこれは、子供用のプログラム教育本なのである。

文字の並びが続くので、厳密に分類するならば絵本なのか微妙だが、カラフルな色の配置や大きい文字フォントなど、少しでも子供に興味を持ってもらおうと手を尽くした作りになっているのは、お分かりいただけるだろう。

内容にちょっと怪しいところもあるが、子供に興味を持たせるための第一歩と思えば、とりあえずは合格点かな・・・。
 

■Twitter上の反応

 


 


 


 


 

 

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。








この記事に関するまとめ