昨日4月2日に東京ドームで行われた巨人対阪神の試合に長嶋終身名誉監督が姿を見せた。

2004年に脳梗塞で倒れてから、昨年はICUでの闘病もするという、一時は本当に危ない状況の中、4月2日の試合に姿を見せてくれた。

これには客席からも大歓声と拍手が巻き起こった。

長嶋さん自身も先日の試合に向けて、近所の公園でトレーニングをしていたそうだ。

その結果、外で歩いても問題がないと診断され、予想以上に早く観戦が実現し、ファンたちの前に姿を見せることができた。

まさに奇跡的なタイミングだったそう。

今年で83歳を迎えた長嶋終身名誉監督だが、まだまだ元気でいてほしい。
 


 
(※↓詳しくはコチラへ)
参照:長嶋茂雄氏観戦は「奇跡的」巨人山口オーナーも驚き
参照:長嶋さん花咲く春に復活、昨年は集中治療室で闘病も
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)
※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。








この記事に関するまとめ