いまやスマホやタッチパネルは当たり前になっているものの、昔はこんなものが普及するなんて思いもしなかっただろう。

こちらの映像では、とある昔のカシオの時計の技術が紹介されているのだが・・・

 

 
画像出典:YouTube(ChromeFreeDisco)

 
画像出典:YouTube(ChromeFreeDisco)

 
画像出典:YouTube(ChromeFreeDisco)

こちらの時計は、カシオから出た1984年製の『Casio AT-552 Janus』。

今から実に30年以上も前のモデル。レトロ感がありオシャレだ。

しかしこちらの時計、モードを切り替えてみると・・・

なんと、文字盤の上で『12』『+』『7』『=』と指でなぞると、デジタル表示部分でちゃんと表示され、計算してくれるのだ!

1984年のものでまさかのタッチセンサー付き!?未来を先取りしすぎだろ・・・!

一体どんな仕組みなのか・・・?気になるところだ。

 
(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(ChromeFreeDisco)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ