地球上を覆っているプレートの動きなどにより、地震がおき、大陸は動き、火山も噴火する。地球も絶えず活動を続けるというのは周知の事実だ。

とはいえ我々人間にとってはあまりに長い時間がかかるため、その動きはなかなか実感しづらい。

こちらの動画は、とある火山の頂上付近を定点で観測し続けたものなのだが・・・

 

 
画像出典:YouTube(USGS)

 
画像出典:YouTube(USGS)

 
画像出典:YouTube(USGS)

こちらはアメリカ・ワシントン州にあるセント・へレンズ山。

2004年から4年間火山活動が続いたのだが、その火山活動中の頂上付近の溶岩ドームの様子をタイムラプス映像にしたものだ。

土石流のように土砂が盛り上がり、時折噴煙のような煙がモクモクとたちこめる。山頂付近の溶岩と土砂の動く様子が確認できる。

場所は一定ではなく、序盤画面左のほうで動いていたかと思いきや、今度は中央や右側でも山が躍動しているところが見て取れる。

まるで何かがうごめいているような映像。まさに『地球も生きている』ということを実感させられる動画だ。

 
(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(USGS)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ