日本のみならず世界中で愛されている『ゴジラ』シリーズ。昭和に生まれ平成を超えて、令和を迎えてなおその人気は衰えを知らない。

こちらの動画は初代ゴジラから最新のゴジラまで、その姿と大きさ、そしてゴジラの代名詞ともいえる放射熱線を比較してみた動画だ。

「昔のゴジラを知らない」という若い世代も「最近のゴジラはよくわからない」という人もどうか楽しみながら見てみてほしい。

 

 
初代ゴジラは1954年。いまから65年前のゴジラは特撮技術も発展していないので放射熱線は煙のようなものを噴射して表現されていた。

そして多くの作品を経て平成のゴジラの姿に。ここまでだんだんと体も大きくなっていることがわかる。

平成ゴジラの終焉となる『ゴジラvsデストロイア』に登場した際の、メルトダウン寸前の赤い体表のゴジラも登場。

恐竜のような姿をした、ゴジラにしては珍しい俊敏な動きをする海外作品ゴジラや超巨大なアニメ版『ゴジラ・アース』のゴジラなどもあり・・・

全ゴジラの中で唯一、背中や尻尾の先からも熱線を出す『シン・ゴジラ』に、もちろん最新の『ゴジラ・キングオブモンスターズ』のゴジラの姿も。

こうして比較してみてみるとなかなかに懐かしく感慨深い。今後はどんなゴジラが登場するのだろうか・・・楽しみで仕方がない。
 

ViRATES編集人
なんかウルトラ兄弟集結みたいな映像でいいですね(話が古い)

 
(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(FilmCore)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ