オランダ・サバ島にあるファンチョ・E・ヨラウスクィン空港の滑走路はたったの約396メートルしかありません。

滑走路というと、2000m〜3000mあるのが普通ですがこの空港の滑走路はあまりにも短かったのです。

しかも空港の前後は海で断崖絶壁となっていました。

まさしく着陸に失敗できない空港と言えるでしょう。
 


ネットの反応


・これ、もう空母やん
・行けるなら行ってみたいかも
・これは怖いぞ
 

ViRATES編集人
カッコイイ。

 
(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(Eli van Witsen)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ