昨今、火星への進出を機に火星の様々な実態が相次いで発見されている。

今回ご紹介するのは、そんな火星に到着して間もないNASAの探査機がキャッチした風の音が収録されている動画だ。

エリシウム平原と呼ばれる地点で録音された、なかなか聞くことが出来ない貴重な火星の風の音を、ご堪能いただきたい。

 

 

普段地球に住んでいる私達が聞くことのない種の低音である。

音を聞いているという感覚よりは、ほぼ振動を感じているという感覚だ。

動画の冒頭で微かに感じる低音は、風速が時速16~24km程度とのこと。

そしてその後、NASAが人間の耳で聞き取りやすいように編集した音がハッキリと聞こえてくる!

これは、約50分間録音したものを約30秒に圧縮したものなのだそうだ。

火星は地球に比べて大気が約100倍薄いからか、風の音も聞こえ方や感じ方はいまだかつてない感覚なのだろう。

今後の火星での新たな発見がますます楽しみだ。

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(NASA Jet Propulsion Laboratory)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ