イランの北に位置するアルメニア共和国。そこには「レボンの聖なる地下」なる観光名所がある。

しかしこちらの地下空間、実は意外なキッカケから生まれた空間だったのだ。

 

 
画像出典:YouTube(ZED.am)

 
画像出典:YouTube(ZED.am)

 
画像出典:YouTube(ZED.am)

 
画像出典:YouTube(ZED.am)

 
画像出典:YouTube(ZED.am)

淡い照明に包まれた不思議な空間、「なにか宗教的な空間なのだろうか」と思われがちだがそうではない。

この穴は10年前に亡くなられたレボンさんが手作業で掘ったものなのだそう。

しかも意外なことに、「ジャガイモの貯蔵庫を掘ろう」と、奥さんに頼まれたレボンさんが1983年から掘り始めたのがキッカケだというのだ。

穴を掘っては電気を通したり装飾を加えたり・・・掘り続けることなんと23年。こんな神秘的な空間に仕上がったのだ。

まさか後に国の名所になるとは思わないだろう・・・笑

亡くなってもレボンさんの作った空間は残り続ける。奥様にとっては『ジャガイモの貯蔵庫』の何倍も価値のあるプレゼントになったに違いない。

 
(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(ZED.am)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ