88歳の新星ラッパーが復興住宅からデビューした。

その88歳のラッパーとは、仙台の復興住宅に住む「TATSUKO★88」さんこと藤沢匠子(たつこ)さんである。

藤沢さんは、自身の壮絶な人生をライムにした、デビューシングル『俺の人生』をリリースしたのだ。

戦争を経験し、尋常でない困難や苦悩を乗り越えてきた。そして、震災に見舞われてもくじけず前へ歩んでいく熱い信念に、グッとくること間違いなしだ。

 

 

画像出典:YouTube(STARTohoku)

こちらが藤沢さん(TATSUKO★88)。

藤沢さんの語った人生を、震災後の東北における多様な表現を発信する「STARTohoku」とコラボしてラップに仕上げたのだ。

 

画像出典:YouTube(STARTohoku)

こちらの男性は、現代アーティストの門脇篤さん。

今作では「ラップ★インクルージョン↓」という石巻の大学生“KOSUKEさん”とのユニットでフィーチャリング参加をしている。

 

画像出典:STARTohoku

88歳の新星ラッパーTATSUKO★88のデビューシングル『俺の人生』はiTunesほか各ストアで購入可能だ。

HPによると、次は英語歌詞での世界デビューを目指し、藤沢さんとラップ★インクルージョン↓は英語版ラップの特訓に入る予定とのこと。

世界を勇気付ける歌い手になる日も近い・・・。

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:STARTohoku
参照・画像出典:YouTube(STARTohoku)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ