お盆の時期になると、あちらこちらにきゅうりやナスで作った人形が置いてある。

これらは“精霊馬”というもので神霊の乗り物として作られる。

始めは早く帰ってこれるようにきゅうりの馬で、帰りはゆっくり帰れるようにナスの牛を作ることが多い。

そんな精霊馬だが、毎年レベルが上がっており、クオリティの高い物がたくさんある。

そのうちの一つに、Twitterユーザー・d-mayumi(@dragon_mayumi)さんがTwitterに投稿した『お盆の精霊馬、きゅうりとオクラでじいちゃんが好きだった二式大艇作った。』という画像が話題になっている。

そのツイートがこちら!

 


 

これはすごい。

きゅうりの絶妙な曲がり具合やトマトの日の丸、オクラのプロペラもすごすぎる。本物そっくりだ。

この二式大艇とは、制式名称は『二式飛行艇』というもので、1940年代に作られた飛行艇で当時の性能としては最高峰だったそう。

その機体の整備をしていたおじいさまには、この精霊馬はかなり嬉しいのではないだろうか。

もしかしたら喜びすぎて乗り過ぎてしまい、帰ってくるのが少し遅くなってしまうかも・・・?

そんなツイートには様々なコメントが寄せられているのでその一部を紹介しよう。

 

■反応の声

 


 


 


 


 


 


 

さらに、ご位牌も手作りだそうで。

 


 

おじいさまもさぞかし嬉しいことだろう。

飛行艇も、帰り道も整備して乗って帰ってくれそうだ。

 

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。








この記事に関するまとめ