信越本線・横川の駅弁「峠の釜めし」に使われている陶器の釜。

実はさまざまな用途に再利用できるのだ。
 
画像出典:「峠の釜めし」の釜、どうしてる? 意外なリサイクル方法も | 乗りものニュース 
 
おぎのやのウェブサイトでは、空き釜を使った料理レシピを紹介しており、パエリア、チョコレアチーズケーキ、フルーツグラタン、釜あげうどんなど、和洋さまざまなメニューがある。

おぎのやの“オススメ”は釜で炊いた白米を炊くと、1合分をふっくらとおこげつきで出来上がるそう。
 
画像出典:「峠の釜めし」の釜、どうしてる? 意外なリサイクル方法も | 乗りものニュース 
 
料理以外には、植木鉢などにもよく使われれたり、なかには蓋の裏に絵を描いたり、スピーカーにしたりする方もいる.

アイデア次第でいろんな用途に使えるので、是非みんなも試してみよう。

おぎのやの公式ページはこちらから。
 
画像出典:峠の釜めし本舗おぎのや 
 
(※↓詳しくはコチラへ)
参照:「峠の釜めし」の釜、どうしてる? 意外なリサイクル方法も | 乗りものニュース- (3)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ