野生の動物が人間に懐くというのは、珍しいことだろう。

イングランド・ケント在住のマイク・トローラーさんは、犬との喧嘩で野生のキツネが怪我しているところを発見。

心の優しいマイクさんは、治療をしてあげたのだった。

 

 


画像出典:YouTube(Britclip)

 
画像出典:YouTube(Britclip)

 

画像出典:YouTube(Britclip)

 

しかし、診察の結果、トキソプラズマ症を患っていることも判明してしまったのだ。

マイクさんは、安楽死させる事も迷ったそうだが、治療を続けた。

キツネの名前は『クロッパー』と名付け、家の中でもマイクさんの肩に乗っているクロッパーくんは、マイクさんのことが大好きなのが伝わってくる。

6年間マイクさんと過ごし、その後、2007年に亡くなったようだ。

クロッパーくんは、きっと幸せな6年間を過ごしたことに違いない。

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(Britclip)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ