雪の中、激闘を繰り広げる2頭のシロクマが激写された。

 

画像出典:Mirror

この印象的な写真を撮影したのはドミトロ・チェルカーソフというウクライナ人の男性だ。旅行先のカナダにて、このシロクマたちに遭遇し、急いでシャッターを切ったという。

 

画像出典:Mirror

 
画像出典:Mirror

ドミトロさんによると、あくまでこの2頭はじゃれあっていただけで、本気のケンカをしていたわけではないそうだ。

カナダに生息するシロクマは、基本的に10月ごろから雪解けの時期まで冬眠に入るそうで、雪が解けるとアシカ狩りを始めるのだという。

この2頭のシロクマは、大きさなどから見ても小熊か、それより少し大きいぐらいの年齢であると、ドミトロさんは語っている。

 

画像出典:Mirror

今回のように、シロクマが2頭で行動しているというのは、カナダでは非常に稀なケース。普段は狭いエリアに密集して、獲物を狩り尽くすことがないように単独で狩りをしていることが、ほとんどであるという。

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:Mirror/Polar bear ‘knocked out cold’ as two fearsome predators battle it out on the ice
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ