記事提供:しらべぇ

 

©ぱくたそ

©ぱくたそ

 

一般的に、ルックスのいい人はモテる傾向にある。しかし、世の中には見た目のスペック以上に、なぜか異性を惹きつけてやまない人がいるという。

女性において、時にそのような人は「魔性の女」と呼ばれるが、実際のところどんな人たちなのだろうか? しらべぇ編集部では「魔性の女に恋をしたことがある」男性たちに取材を重ね、特徴をまとめてみた。

 

①一見、コミュ障っぽい

「高校生の時に知り合ったK子は女子校育ちで、『男子となに話していいのかわかんない』と言っちゃうような子。でも、話してみるとうるさすぎず、静かすぎずで心地良いんですよ」(10代・男性)

 

②距離感が人より30センチ近い

「昔サークルにいた女子は、他の女子に比べて肉体的な距離感が近い子だった。なんていうか、普通より30センチくらい近いんですよ。でも、恋人の距離感ではない。ドキドキして、勝手な妄想を膨らませちゃうんです」(20代・男性)

 

③ボディタッチが多い

「これは定番かもしれませんが、合コンの時に意図的に触ってくるようなやつじゃないんです。そんなの、わざとやってるってわかるじゃないですか。

元カノのM美は真顔でいきなり頬をつまんできたり、二の腕をぷにぷにしてきましたからね。ちょっと意味不明で最初は引いたけど、慣れると普通になるから不思議…これも年下ロリの魔力なのか」(20代・男性)

 

④グラマラスではなくともエロさがにじみ出ている

「1週間だけ付き合ったH香はまさに魔性の女。痩せてて胸なんか全然ないのに、妙にそそる雰囲気が出てるんです。思うに、胸元のゆるさ、無防備さとかが理由なんじゃないかなと。綺麗な身なりなんですけど、ブラの肩紐は基本見えてたし、どことなくルーズなんですよね(笑)

僕と別れてからも、サークルの男子と何人も付き合って、穴兄弟だらけになってました」(30代・男性)

 

⑤なにを考えているのかわからない

「世の中にはなにを考えているのかわからない人っているじゃないですか。魔性の女ももれなくそうだと思うんですけど、明るくてもおしゃべりでも静かでも、総じて思考が読めないんです。だから、妙に気になってしまう。

でも、実際仲良くなったらじつは『なんにも考えてなかった』ということも多いですね。いきなり変なことを言ったり、擦り寄ってきて甘えてきても、当事者には深い意味はないんですよ。もはや、コミュニケーションの方法そのものが違うのかも」(30代・男性)

 

⑥決してかわいいとは限らない

「僕が一時期夢中になった子は、アイドルグループの握手会で知り合った子で、女ヲタの中でも決してかわいいほうではなかったんですけど、なぜか好きになる男子が続出していましたね。アイドルよりその子に会いに行く、みたいな。

目は細いし、肌も地黒なんで造形はブス寄り。当時高校生ってくらいしか魅力もなかったのですが…まあ全部落とし穴でしたけど」(20代・男性)

 

掴みどころのない、手に届きそうで届かないところが魅力なのだろうか。

ちなみに、しらべぇの調査では「魔性の女に恋をしたことがある」と答えたのは男性全体の14.9%。およそ、7分の1の割合となっている。

 

・あわせて読みたい→みひろ・七海なな・吉沢明歩が激白!料理好きよりモテる男子は…

 

(取材・文/しらべぇ編集部・クレソン佐藤

 

qzoo 【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年4月22日~2016年4月25日
対象:全国20代~60代の男性679名(有効回答数)

 
 


Appstoreロゴ

 

しらべぇアプリを今すぐダウンロード(iOS)

 


android_logo

 
 

アンドロイド版はこちら

 

関連記事
【朗報】モテと早漏は関係がないと判明
【両手?片手?】出世するモテ男のブラジャーの外し方はこっち
髪を切るとき異性と同性、どっちウケを気にする?モテは意外に…
Gカップグラドル岸明日香が「焼肉デート」でモテる極意を伝授
将棋男子は意外にモテる?イケメン棋士5人を紹介

 
 

記事提供:しらべぇ

☆しらべぇFacebookページ☆

☆しらべぇTwitter☆

 








この記事に関するまとめ